母乳が終わったら脂肪注入による豊胸がおすすめ

女性は妊娠すると女性ホルモンの分泌増加することにより
赤ちゃんに母乳をあげるための準備として
バストの中の乳腺が発達して大きくなります。

出産前後が最も大きくなりますが、
出産して母乳をあげる時期が終わるとホルモン分泌を落ち着き母乳を作る必要がなくなるので
バストの中の乳腺も次第に委縮していきます。

しかし、妊娠中に同時に伸びてしまった皮膚は行き所がなくなるため、
母乳をあげた後というのは以前よりもバストがしぼんだ感じになるのです。

ですが、垂れてしぼんでしまったからと言ってまだあきらめるの早いです。

授乳が終わった後におすすめの豊胸術は、
脂肪注入による豊胸です。

先ほど述べたように、
一度伸びきってしまったバストの皮膚はなかなか戻ることがないので、
そのまましぼんで垂れてしまう原因となります。

そこで、委縮してしまった乳腺に脂肪を注入することで
また以前のハリを取り戻すことができますので、
母乳をあげ終わった後の豊胸術には
脂肪注入法による豊胸がおすすめなのです。

また、脂肪注入法によるバストアップは、
切開法による豊胸よりもダウンタイムが短く、
自然な仕上がりになるのが特徴です。

脂肪注入法の良いところは、
同時に自分が細くしたい部位から脂肪を吸引したものを
バストに注入するので無駄がなく、
部分痩せも期待できるので一石二鳥です。

授乳後の自分のバストにがっかりしている人、
もう妊娠前のバストには戻れないと嘆いている人は、
今こそ脂肪注入法の豊胸術がおすすめと言えます。