豊胸術の痛みがあっても日常生活は大丈夫?

豊胸術には様々な方法がありますが、
手術内容によっても痛みやダウンタイムなどは異なってきます。

最もバストアップが期待できますが、
術後の回復まで時間がかかるシリコンを挿入するシリコンバッグ法は、
やはり切開して挿入しますので術後は2〜3日は続き、
一週間ほどすると落ち着いてきて、バストアップしたために皮膚も引っ張られるような感じがしますが、
3か月ほどすると日常には支障が出ないようになります。

次に、脂肪注入法による豊胸は、
自分の脂肪をほかの部位から吸引してそれをバストに注入していく方法で、初めの2〜3日がつらいだけで
あと一週間ほど微妙な痛みが続きますが、
日常生活を送るには痛み止めなどで対処していけば問題ないでしょう。

シリコンバッグ法に比べるとダウンタイムも少ないですが、
サイズアップは1.5カップから2カップくらいが普通です。

ただ、
一番自然な仕上がりになるといわれている豊胸術です。

そして、最も手軽なヒアルロン酸による注入は、
ヒアルロン酸をバストに注入するだけなので、
入院する必要もなく施術を受けた当日に帰宅できます。

日常生活を送るのにはほとんど問題がないですが、
サイズアップは0.5〜1カップ程度であり、
いずれ体内に吸収されてしまうのでその状態を維持したいのであれば継続的に注入していく必要があります。

このように、最も痛みが少なく日常生活に支障が出ないのは
ヒアルロン酸による注入ですが、サイズアップは期待できません。

もし劇的なサイズアップを期待するのであれば、
痛みやダウンタイムなどは長く続きますが
シリコンバッグ法がおすすめでしょう。